ブリヂストン 最大89%オフ! 油圧ホース PA1004 C+C 直送品 x 920mm 1本 機械部品/空圧機器/電気・電子部品 , 配管部品 , ホース , 高圧ホース , ブリヂストン 油圧ホース PA1004_C+C_800mm~1000mm,油圧ホース,1本(直送品),PA1004,ブリヂストン,C+C,1208円,x,920mm,C+C 920mm,PA1004,dreppasco.edu.pe,/bilestone1484051.html 1208円 ブリヂストン 油圧ホース PA1004 C+C 920mm PA1004 x 920mm C+C 1本(直送品) 機械部品/空圧機器/電気・電子部品 配管部品 ホース 高圧ホース ブリヂストン 油圧ホース PA1004_C+C_800mm~1000mm ブリヂストン 最大89%オフ! 油圧ホース PA1004 C+C 直送品 x 920mm 1本 機械部品/空圧機器/電気・電子部品 , 配管部品 , ホース , 高圧ホース , ブリヂストン 油圧ホース PA1004_C+C_800mm~1000mm,油圧ホース,1本(直送品),PA1004,ブリヂストン,C+C,1208円,x,920mm,C+C 920mm,PA1004,dreppasco.edu.pe,/bilestone1484051.html 1208円 ブリヂストン 油圧ホース PA1004 C+C 920mm PA1004 x 920mm C+C 1本(直送品) 機械部品/空圧機器/電気・電子部品 配管部品 ホース 高圧ホース ブリヂストン 油圧ホース PA1004_C+C_800mm~1000mm

2022年のクリスマスの特別な衣装 ブリヂストン 最大89%オフ 油圧ホース PA1004 C+C 直送品 x 920mm 1本

ブリヂストン 油圧ホース PA1004 C+C 920mm PA1004 x 920mm C+C 1本(直送品)

1208円

ブリヂストン 油圧ホース PA1004 C+C 920mm PA1004 x 920mm C+C 1本(直送品)

商品の特徴 建設・土木・農業・輸送・工業等、多種多様な産業の分野で必要とされ、高品質・高性能なブリヂストン製の一般作動油(鉱物性)用高圧ホース。寿命・耐疲労性を重視・小さい曲げ半径でコンパクトな油圧配管が可能  ブリヂストンでは口金・アダプター・カプラ(カップラー)・スイベルジョイント等豊富なラインナップがあります。 ※ブリヂストンの高圧ゴムホース、パスカラート、エポーク、高圧樹脂ホースパステージライン、超高圧ホースプリモライン及びアダプターなどの継手類は、油圧機器の配管・高圧配管用として開発したものです。
商品仕様 メーカー ブリヂストン ブランド BRIDGESTONE(ブリヂストン)
金具ネジ規格 G1/4 管用平行雌ねじ 金具材質 SS・SC相当鋼、亜鉛メッキ・クロメート処理
推奨雰囲気温度2 水-グリコール(-40℃~+70℃) 推奨雰囲気温度1 油(-40℃~+70℃)
適用流体2 水-グリコール(-40℃~+60℃)※流体が凍結した状態では使用不可 適用流体1 鉱物性作動油(-40~+100℃)※流体が凍結した状態では使用不可
全長(金具CからCまで)mm 920 X(6角対辺)mm 19
金具概略重量1個あたり/g 70 ホース外径(φmm) 13.4
最小曲げ半径(mm) 55 原産国 日本
寸法 全長920mm(金具CからCまで) ホース重量(1Mあたり/g) 230
金具 C 接続部規格 雄30°シート Y(6角対辺)mm 17
内容量(本) 1 最小破壊圧力(MPa) 42
金具規格 両端C 最高使用圧力(MPa) 10.5
ホース外被材質 耐摩耗耐候性合成ゴム ホース内管材質 耐油性合成ゴム
ホース内径(φmm) 6.3 ホース補強層 1W

「寸法」 違いで 全21商品 あります。

備考 【返品について】お客様のご都合による返品はお受けできません。
保管方法、使用方法、使用上の警告・注意・注記、技術資料についてはメーカーホームページよりご確認ください。【注】品質改善の為、形状・寸法など予告なく変更する場合がありますので、ご了承ください。
商品詳細情報
  • メーカーサイトはこちら newwindow



ブリヂストン 油圧ホース PA1004 C+C 920mm PA1004 x 920mm C+C 1本(直送品)

Recent Post

こちらもエンジン始動です!

category - 演奏会
2021/ 02/ 28
 久しぶりにというか今年はじめての演奏会に行ってきた。そういえば電車に乗ったのも今年はじめてだな。フルートもチェロも歩いてレッスンに行かれますので。あれ!もう始まっている、自分でチラシを作っておきながら開演時間がいつもより一時間早いのを忘れていた。本当言うともう一つのトラヴェルソ演奏会の方に行きたいとこだったが、つまり余にも聴いているからまあ、新鮮味がないなんてこれは内緒です。演奏家も聴衆もみんな見知った方ばかり、演奏してる音楽も何十回も聴いてるだろうし、いつもの馴染みというのも躰にしっとりとするものです。ふる里に帰ったような感覚ですかね。最もオイラにはもうふるさとないな、山火事のせいじゃあないですけど。
 主催者の話では6月くらいから定期の毎月の演奏会を始めるような心づもりのようだ、高齢者のワクチン接種がほぼいきわたればということでしょう。打ち上げもできるようにならないと、ってそっちが重要なのです。そのくらい親密度が高いというのも長続きする秘訣ですもの。
 ぼちぼちと発表会の予定が入ってきてる。こちらもエンジン始動です!
スポンサーサイト



        

オイラたちのやること!

category - 演奏会
2021/ 02/ 21
 こんなご時世でも演奏会はあるんですね。同じ門下のトラヴェルソ演奏会と・・もちろんプロのね・・チラシ作成に関わったカルテットとの演奏会の日にちが重なっていた。昔からの繋がりがあるから聴きたい方の演奏会を選ぶというわけには行かない。浮世の義理です。まあ、本音を言えばまだ演奏会はどちらもご遠慮したい気分ですけど演奏家のことを考えればそうとも言えないな。なにしろさ、演奏会終わったら飲み屋も終わってるしね、それが一番の理由だったりして。
 演奏会に足を運ぶ人なんてモダンもバロックも年寄りばっかしだから、まず一番にワクチン接種の対象になるこのひとたちの接種が始まれば演奏会も成り立つようになるでしょうね。それまではお預けだなあ。演奏家の皆さんもう少しの辛抱です、堪えてください。

 というわけでオイラたちは何をするかといえばセッセと自分の練習をするしかない。レッスンくらいは通いますからね。
        

早くワクチンの接種したい!

category - チェロ
2021/ 02/ 20
 ここのところ仕事が忙しくて楽器に触れられない。この歳でそう言えるのも有難いことですからぶつぶつ言っちゃあいけないですけどね。それでもチェロレッスンには行ってきました。やはり自分の好きな曲をさらうって良いですね。モチベーションを高めるにはこれしかないです。確かにエチュード的なこともやらねばいけないのですけど残り少ない時間ですものなにごとも楽しくなければならないという考えなのである。選んだ曲はピアソラのOBLIVIONなのだがどうも一般的なアレンジじゃあないみたいで先生もいつも目にするのとは違うなと言っていた。確かにフルートの譜面とは異なりだいぶ技巧的である。それだけ演奏するのは難しいということなのだが、その分ピアソラらしさが表現されていてかっこいいのだ。自分の技術を棚に上げこれは良いと・・まあいいや他人に聞かせようというわけじゃあなく自分が楽しめればそれでよしというわけである。
そんな具合でね、少しでも楽しみを見出さないとこのコロナの時代生きていかれないもの。早くワクチンの接種したい!
        

飲みに行けないからか!

category - 楽器
2021/ 02/ 13
 フルートレッスンを受けてきました。ここのところ少し欝気味でしたんですが、師匠の前でフルート吹いたら少し元気になりました。当たりは少し怖い感じがする先生なのですが、なぜか癒やし効果があるようです。オイらのタンギングはまだまだできてないと厳しく修正、確かに指摘されるとそのとおり、もうちょっと頑張らないとモーツアルトは無理かな、とう言うかこうゆう正調派の曲はオイらの実力ではやはりまだ無理かな、単に吹けるというだけで演奏しちゃあいけないような気がする。なもんでトラヴェルソでやるなんて夢のまた夢か。ということで方向転換、発表会はピアソラの次はビラロボスなんでどうかと師匠の提案、さすが生徒のことをよく見抜いていらっしゃる。大人の・・ジジイの・・味で勝負というわけである。
 チェロの方はピアソラですからね、フルートもいいがチェロで弾くとこれまた違った味わいがあってなんとも言えない。その違いを演奏して味わえるなんて二股かけてるお調子者の特権である。どうやらモダン楽器の方はオイらの中でクラシック離れしてきてるのかもしれない。
 古楽器の方はクラシック以前のコテコテのバロックですから、その反動ですかね。でもバロックって現代の音楽に近い感じがしてまたクラシックとは異なるんだよな。こっちもそろそろ取り掛からなくてはいけないのだが、直接関係はないけどコロナが治まんないとなんか元気でないよね。飲みに行けないからか!
        

楽器三昧でいいんだろうか!

category - 楽器
2021/ 02/ 09
 仕事が忙しくて楽器がさらえない。時間的余裕は作れるのだがくたびれていればやる気が起きないのだ。それでもタンギングの練習は続けているぞ。と、えばれるほどのことはないのだが、だって短時間で済ますのがコツだものね、いくら怠け者のオイらでも5分ぐらいはさらえるよ。なんだろう、これが結構効果あるようでどんどんテンポを上げられる。あれ!オイらって才能あるんじゃあないかしらと思うほどだ。このまま行けばダブルタンギングなんて必要ないんじゃあないかと、あれって口がくたびれるものね。モーツアルトも吹いてみるが指は特別に難しいところはないから楽なんだけど、これをどう表現するかは別の問題なんだろう。プロの演奏家だって弦やピアノの人も演奏したがんないから・・うん、つまりこどものころの純真な心をもう忘れちゃってるから・・なんて言っちゃあいけないな。
そんだもの、おいらも何も考えずに吹くしかないのかな。そのくらいしか思いつかない。でも、なんか発表会はモーツアルトやりたくなくなった。オイらも子供には戻れないから感情むき出しのピアソラでもやろうかな。チェロもそのつもりでいるんだがどうなりますでしょうね。